あのさ、アルクェイド。

なんで、こんな事してるの?

そんなことを聞きたい。

ああ、聞きたいともさ。

だって、ここは深海1万m。

008だってちょっと辛くなってくる場所だ。

なんでこんなことになったんだろ・・・

事の発端は、数十分前に遡る。


「アルクェイド、あのさ、お前の空想具現化ってどんなことできるんだ?」

素朴な疑問だった。

かるーい疑問だった。

「んー。一応自然に干渉できることなら何でも大丈夫なはずよー?」

かるーく答えられた。

「じゃぁさ、深海1万mなんてどうかな?」

「大丈夫じゃない?あ、志貴も行く?」

「え?」

「行こうよ、うん、決まり!」

「え゛!?」

「じゃー、しゅっぱーつ!」

「うぇぇぇぇぇぇぇぇ!?!?」

そのまま連れてかれて今に至る。

「これ、どうなってるんだ?」

俺の周囲には空気の泡が出来ていて、その上まるで御伽噺に出てきそうな泡の船に乗っている。

そして、アルクェイドといえば。

「ぶくぶくぶくぴゅぎー?ぶぁにいっぴぇるかきぼえぱいよー!?」

うん、深海の数万気圧という超圧力を全く気にしないで、わけのわからんことを言っていた。


あのさぁ、セイバー。

どうして俺たちこんな所にいるんだ?

そんなことを聞きたい。

聞きたくなるってものである。

だって、ここは深海1万m。

仮面ライダーXも音をあげそうな深海だ。

なんでこんな事になったのか。

事の発端は数十分前のことである。


「セイバー、湖の妖精の加護って、どこまで届くんだ?」

素朴な疑問だった。

「恐らく、水のあるところならどこまででも」

素朴に答えられた。

「でも、幾らなんでも深海1万mとかは無理だろ?」

「む、それはどういうことですか、シロウ」

「あ、いや、幾ら水が大丈夫でも圧力には」

「聞き捨てなりませんね、では行きますか」

「え?」

「そういえば、港にはアーチャーとランサーがいるはず。潜水艇でも投影してもらいましょう」

「え゛!?」

「では、早速行きますか」

「うぇぇぇぇぇえっぇぇぇぇぇ!?」

そうして連れて行かれて今に至る。

「やりすぎだ、ああ・・・」

俺はといえば、赤馬鹿の投影した潜水艇に乗っている。

あいつがこれ消したら、俺死ぬんだけど・・・

「ぶくぶくぶくぶく」

セイバーはずんずんと歩いていく。

海底をとてもしっかりと踏みしめて。

「ぶくぶくぶくぶく」

全く、深海の超圧力を気にしない風で。

ほんとに、どうなってるんだ?


やがてしばらく、ありえない光景が目に浮かぶ。

向こうから別の影が現れたのだ。

それは、きっと。


ありえない。

きっと、目の前の泡の船に乗る男も、その脇をひらりひらりと歩いていく女性も。


ありえない。

きっと、目の前の潜水艇に乗る男も、その脇をずんずんと歩いていく少女も。


ただ、それよりも突っ込みたかった事は。

ふっと視線が合った2人の人魚姫が。

世間話を切り上げるオバちゃんたちみたいなお辞儀をして、また歩き出した事だった。


どっとはらい。


おとがそ

えーっと、これが元ネタっス。
2月20日WEB拍手返事番外
>アルクは地球なら深海数万キロでも平気でしょう。深海でも地球には変わりないですから。
そうなのである。忘れていました。地球上なら何とか大丈夫だってことを。
空想具現化もあるし。
それと、hollowプールイベントで士郎君が空想した、水中を歩き続けるセイバーを混ぜたら、何かになったような気がしてつい書いてしまいました。
今では反省しています。
では、また。