我等が赤い弓兵、マッカチーフ(?)な粋でいなせないい漢、アーチャーさんは一人考えていた。

アレが何でできているのかを、だ。

乖離剣エア。

英雄王の切り札にして、原初の記憶を呼び覚ます天地開闢にも似た擬似時空断層発生器。

あれ、解析できないんだよね。

なんでだろうなぁ。

「直接あの金色殺人英霊に聞くのは嫌だしな」

うーム、と唸って黙ってしまう。

あんまり意味がないような話であるけども。

アーチャーは真剣に考えていた。

「実は剣じゃない、とかな」

剣じゃない。

剣じゃないって?

「あー、違うか。違うよな」

だって、それなら解析だけはできるし。

「ギルガメッシュの完全な付属品だとか」

どうかな、と考えて目の前にあったドラ焼を食べた。

「あ、これ凛のだ」

素に戻ってる気がするけど。何か軽い。

「まぁ、作り足しておけばいいか」

おい、ちょっと待て。

そりゃないだろう?

そんなことお構いなしに、アーチャーは思考を続けた。

余程暇らしい。

ランサーと張り合ったり、ギルガメッシュと遊んだり、女子校生に弄られたりしてもまだ暇らしい。

素敵な男だよ、全く。

「うーむ、あの英雄王、どこであんなもの手に入れたんだろうか」

ちょっと良く考えてみようと思った。

はてはて、と考えてみる。

そういえば、神話ではどうだったろう。

バビロニア神話において、エアとは知恵の神である。

そして、エヌマ・エリシュとは創世神話そのものの名前である。

「あいつ、神様持ってるのか」

神様じゃ解析できないかもしれない。

バビロニアの神よー、お恨み申し上げますぞー。

いやいや待てよ、動いてるものなら神様だって解析して見せるぜ!

―――どこの魔眼使いだ。

疲れているのだろうか。

英霊は疲れないはずだ。そうだと思う。多分、おそらく、きっと、希望してみる。

「そもそも神様とはなんだ?」

根本から考えてみる。

神様、英雄と同じように、人間が欲望を抑制したり、逆に開放するために作り出した存在。

或いは本当にいるのかもしれないが、それはかなり世界側の人だ。

「そんなもの、宝具にして持ってられるのか?反則だな」

いや、反則だと思います。

「規格外ということだけはわかったような気がするな。うむ、有意義だった」

さて、小僧かランサーか、それともギルガメッシュか、趣向を変えてセイバーやライダーをからかって遊ぶのもいいかもしれない。

おお、そうだ忘れていた。

今日はキャスターでもからかいに行ってみよう。

丁度、柳洞の裏山に行ってみようかと思っていたところだったしな。

そんなことを言いながら、忍び込んでいた遠坂邸の居間から抜け出す。

弓兵は、本当に暇だったのである。

どっとはらい



Ps.ドラヤキ作り足すの忘れてました。凛が怒ってました。なぜか士郎に八つ当たりしてたそうです。

おしまい。