新潟県立

長岡工業高等学校

           校歌・応援歌

 創立 100年の新潟県立長岡工業高等学校は、数多くの卒業生を送り出しています。 学校卒業後

においては当然のことながら、校歌や応援歌を歌う機会もなく、年を追う毎に忘れていってしまいます。

母校を懐かしむ思いは、卒業生全員が持っているはずであり、その思い出にふさわしいのが、校歌や

応援歌ではないでしょうか? 

 長工卒業生のために、校歌と応援歌をMIDIで再現しました。 再現においては、卒業生並びに在校生

の協力がありましたことを記述しておきます。 母校への思い出・愛校心を校歌・応援歌に託します。

 題名をクリックすると、歌詞の画面にジャンプします。 そこで、再度、題名をクリックすれば、

メロディーが演奏されます。 ただ、応援歌においては、譜面が無いため、テンポ・キー音など、

正規に再現されてないかもしれないことを、ご了承下さい。

また、応援歌はその他にもありますが、当方が判る範囲で掲載しています。 その他の応援歌を

ご存知(メロディー)の方がいらっしゃいましたら、当方へご連絡頂けたら、幸いです。

 

長工校歌 推戴歌 第一 決戦歌 第一 勝利の歌
     第二      第二 長陵讃歌
     第三 選手慰労歌

 

 

 

 

 

 

 

 

 

校歌

1 越の広野を心のままに   2 川におりたち纜解けば    3 世界の富を八十綱かけて

  流れ流るる信濃川       水ははるばる八十里       引くが如くに引き寄せて

  岸の緑のけぶれる中に     もしそれ西へ海原行けば     技も巧みの誉れを挙げて

  わが学舎ぞ建てりける     アジア広々八万里        国の栄えをいざ図れ

 

トップへ

 

 

 

 

 

 

 

 

推戴歌 第一

彩雲巡る神峰の        2 いざ立ち振るえ我が選手

  山の冷気を肝に受け        長陵が丘に鍛えたる

  竜韻かもす信江の         堅き腕の若人に

  水の精気を情にとり        誰か手向かう者やある

               (申訳ありません、MIDIの再現できておりません)

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

推戴歌 第二

1 治に居て乱を忘れじと      2 寄せくる敵は大洋の

  此処に鍛えし我が選手        潮の如く逆巻けど

  渾身これ鍛 漲る血潮        怒涛を抜いて雄叫び荒く

  男子の意気や 此処にあり      進む姿ぞ我が選手

 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

推戴歌 第三

1 空晴れ渡り 雲も無く      2 そは幾日か待ち侘びし      3 無心に躍る喜びは

  光りのどけき 丘野辺に       必勝期せし晴れの日や        胸に溢れて熱き血の

  今日戦わんと聞きし時       長陵が丘の益丈夫が         漲る我らが此の腕の

  我らの血潮は躍りにき       其の名に恥じず潔く         力試さん時なれや

  行けや行け行け我が選手      栄ある戦や争いて          三度我らは叫ばなむ

  挙げて帰れや勝鬨を        挙げて帰れや勝鬨を         挙げて帰れや勝鬨を

 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

決戦歌 第一

鋸颪吹き荒れて 北越天地に雲起ち騒ぎ     2 勝利を告ぐる鬨の声 校友九百の雄叫びも荒く

 長陵健児の血は迸り ここに立ちたる工業軍     北越無双のその名も高く 輝く選手のその功績

                       フレ工業 フレ工業 フレ フレ フレ

 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

決戦歌 第二

1 白竜吼ゆる信江の 岸辺に狂う波の花       2 樹氷花咲く北越の 猛き心の益荒男が

  雲烟遠く流れ入る 鋸山下に拠城して        胸の狂瀾青春の 熱と力の高潮に

  鉄騎九百挙りつつ 立てる健児ぞ力あり       不断の威力養いて 思うはここに幾年ぞ

 

3 今中原に雲湧きて 電光凄く雲荒ぶ        4 いざ長工の若武者よ 平和の剣右手に持ち

  覇者の偉業を果たさんと 今酣なる戦場に      左手に正義の盾をとり 心の駒に鞭打ちて

  見よや獅子王一吼して 曠野虎狼の影もなし     高き血潮の鳴るがまま 勝鬨高く挙げんかな

                               フレ工業 フレ工業

 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

勝利の歌

 (申し訳ありません、MIDIの再現できておりません)

 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

選手慰労歌

1 斜陽は燃えたり 風尚寒し         2 梢に語れば 梢は揺らぎ

  信江静口に結びて 流れん           御空を仰げば 星又落ちなむ

 

3 燃ゆる思いに この身は半ば        4 七転び八起を 心に止めて

  解けてや深みの 人魚とならなむ        さらばよ励なむ この日を境に

 

5 信江の岸辺に 正義を叫びつ

  悠々天寿を 祈りて止まなむ

 

トップヘ

 

 

 

 

 

 

 

 

長陵賛歌

1 嗚呼長陵の岡の上や 蒼紫の森の霊に触れ    2 白雲常に漂える 蛾々たる鋸峰背に負はば

  信濃の流れ右に見て 緑にけぶる陵南に       昔の影を映しつつ 永遠に流るる信濃川

  世紀を担う若人が 築く文化の金字塔        噫長陵と幾千歳 噫長陵と幾千歳

 

3 嗚呼悠久の松が枝や 久遠の緑色映ゆる     讃 噫長陵よ長陵よ 噫長陵よ長陵よ

  汪洋流るる信江の 不滅の力果てはなし       この山川に我れ育ち 鉄の響きに我れは生く

  噫長陵よ幾千歳 噫長陵よ幾千歳          噫長陵よ長陵よ 噫長陵に栄えあれ

 

トップヘ

All  right  reserved  by  naiagara